世界で君だけが

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 あらすじや感想

<<   作成日時 : 2018/06/13 08:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン


2002年アメリカ映画



この映画は2回はみました。

ビデオとテレビ。


テレビだと、見たことあるので

途中でやめようと思うけれど



ついつい、最後まで見てしまう作品。



・・


監督は、意外?にも

あのスピルバーグさん。



そして主演が

トムハンクスとレオ様(デカプリオ)




これだけでも見る価値がありそうな上に

さらにストーリーもなかなか。



実話をベースとしているそうで、


天才詐欺師(レオ)とそれを追うFIB捜査官(トム)



世界を股にかけた

ルパンと銭型警部を思い出すような

追走劇。






裕福な家庭が一変、両親の離婚を契機に

詐欺師となった主人公。





パイロットを皮切りに、医者、弁護士、

それらの見かけと地位を利用しながら

小切手の偽造を行う。




方や、金融犯罪専門の捜査官。




いつしか2人の間には、

追う者と追われる者を超えた


何か、友情みたいなものまでを


見ていて感じる。




そして、詐欺犯が求めていたものは

お金だったのか、昔の自分の家族の姿なのか

父親の面影なのか。



・・



ラストの方、

犯人は捕まり収監されるけれど、


その犯罪の知識を買われ

なんと、FBIの捜査に協力する事に。





今でいえば、

ハッカーのプロが、ITのセキュリティ会社に

雇われるような展開に。



・・・



観ていて何か引き込まれる、そんな映画。

もちろんトムハンクスとデカプリオと

いう配役のせいもあるでしょう。





キャッチミーイフユーキャン

「できるものなら捕まえてみろ!」






お時間があればぜひ。





・・







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 あらすじや感想 世界で君だけが/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる